【雑記】プラトンのイデア論「洞窟の比喩」

query_builder 2022/05/30
雑記
4

やっと読み終えたキャンディス・オーウェンズ のブラックアウト

他の本と並行して読んでたから読み終わるまで1週間以上かかったよ。


この本の最後の方にこのプラトンの「洞窟の比喩」ってのが出てくるんだ。 面白かったから紹介するね。


洞窟に縛られた囚人(要は我々人民)は後ろから火に照らされた"影"を絶対的な真実として疑わない。

そんな中、一人の囚人が解放されて外へ出た訳だ!


そこで本当の世界、イデアを見るという事。(合ってるのかな?(^^;)) 帰ってきて洞窟に縛られてるみんなにこの真実を告げるけど、誰も信じようとしない。。。こんな感じ。


いちお、優しく解説してるページを見つけたので、詳しくはこっちを見てくれ!(こっち)


この縛られた囚人達のように我々も単なる"影"を見ているだけなのか? 今のメディアや政治はまさしく"影"で真実は外にあるのは明白。


そんな事を強く印象づける逸話だ。(合ってるのかな?(^^;))


こちらは今日の昼メシ。

らいおんでらいおんラーメンは960万円なり!

知り合いの従業員さんの目に止まらず、味玉サービスは無かったよ!


イデアを見つけよう!(笑)

3