【雑記】終戦記念日にあたり

query_builder 2021/08/15
雑記
SnapCrab_NoName_2021-8-15_12-28-56_No-00

今日は終戦記念日。

自らの命を投げ出し、日本を守ってくれた多くの戦没者達に感謝し、そのめい福をお祈りし黙祷。

ご先祖様にはほんと感謝しかないよね。


そんな中、本の紹介ね。

こちら「日米開戦 陸軍の勝算」。

林千勝さんの3部作の1冊だ。


当時、開戦前の日本には連合国の国力、戦力を計り、日本軍の戦略戦術を練る機関が3つあって、その中のひとつ陸軍省の通称"秋丸機関"が行った分析に焦点を当ててるんだ。

3つの機関とも米との戦争は無謀、国力の差がありすぎるという結論。


ここまでは良く聞く事で、ならなんで突入しちゃったの?、、、無謀でしょ!というのが自虐史観。


でもルーズベルトは執拗にドイツを煽って日本にも戦争を仕掛けてくる。

そこで、考えに考え、国力の弱っていた英国相手なら勝つまで行かなくとも、早期講和に持ち込んで終結させるという案を作ったんだ。


その戦略は太平洋には向かわず。

大東亜、東南アジアの石油を押さえ、更に援蒋ルートを断絶し支那事変を有利に運ぶ。

もし米が来てしまったら日露戦争同様、日本近海で艦隊を迎え撃つ。

決して遠出はしない。


まぁ、ほんとギリギリのところまで日本も追い詰められて、それでも何とかしようと必死に研究してたのが分かるんだ。

決して無知蒙昧で無謀に暴走した訳では無いということ。


じゃ、なぜ太平洋のど真ん中、真珠湾へ奇襲攻撃を仕掛けて、戦争に反対していたアメリカの世論に火を点けてしまったのか?、、、

ここが本書のキモになる部分なので、ここでは伏せることにしよう。(^^;)

読んでみてね。


さて、こそっとコロナの朗報。

コロナ通にはご存じの経口薬イベルメクチン。

北里大学が発明した寄生虫駆除薬がコロナに効くのはかなり前から言われてたよね。

査読済みの論文多数、ランダム化比較試験なんかも凄く良い結果で、それを受けてこの4月にインドで投与を開始したところ。

人口2200万のデリーで当時2.6万人の観戦者(妖精者)が約3ヶ月で一気に50人に減少。

(東京の人口1400万に換算すると、16000人が30人に減る感じ。)

でも、このホットニュースが世界的にほとんど報道されて無いのが現状なんだ。


報道されない原因は枠賃で収束したわけでは無いから、、、

ここから見えるのは枠賃は我々の重症化を防ぐ事が目的でなく、"打つこと"それ事態が目的になってるのが読み取れるよね。


現在イベルメクチンを承認してる国はわずか3カ国。

アメリカではFDAもCDCも承認しないだろうとのこと。
副作用もなく安価な薬が国内を席捲したら、ワクチン政策が根本から壊れるからね。
日本でも、アメリカに右へ倣えだろう。残念な国だ。


昼メシは雨なのでお隣のすた丼!

こちらとろすた丼(ミニ)は680万円なり!


今は麺類やってないんだってさ!くぅぅぅ~。

1

NEW

  • 【売買】ライオンズステージは眺望良好!

    query_builder 2021/09/16
  • 【法律】やはり43条但し書き

    query_builder 2021/09/13
  • 【雑記】総裁選デマ大臣の会見を見て

    query_builder 2021/09/12
  • 【法律】売却の査定依頼!

    query_builder 2021/09/12
  • 【雑記】宅建試験、申込者増!

    query_builder 2021/09/10

CATEGORY

ARCHIVE