【法律】43条但し書きか?敷延か?

query_builder 2020/02/06
法律の話題
diary_2967_434928_1

建て替え系のご相談。
売買がらみじゃないんで弊社の業務外なんだけど、分かる範囲でね。

現場の道路位置指定申請図を取ってくると、35m。
これ以上延長する場合は、車の転回広場を作らないといけないから、ここで止めちゃうのが凄く多いんだ。

で、その先の家々は、、、
案の定、今回も敷地が道路まで届いてない様子。図面を見る限りは再建築不可の不適合接道なんだ。

果たして現況の建物はどうやって建築確認を取ったのか?
役所で建築確認台帳証明書を取るも、内容については役所の人も分かんないとの事。

路地状敷地(敷延)か?43条但し書きか?

建物は、昭和40年代後半の建物。
府中市ではこの時代は建築主事の判断だけで建築確認を下ろしていた頃でね。

建築審査会自体が無かった頃なんで但し書きの適用では無いはず!

となると路地状に敷地を延長して接道義務を満たし、確認を取った公算が大きいよね。
今回の予定建物もそれで確認取った方が良さそうな感じ。
あとは建築屋さんと相談されて下され!

将来、売る時にはまたご相談下さいね。m(_ _)m
法律43条但し書きか?敷延か?の画像1 法律43条但し書きか?敷延か?の画像3
昼メシは西国分寺のムタヒロ!!
こちら味噌中華そば!にVIPステッカーでメンマを足して830万円なり!

昨晩は中華三昧の麻辣担々麺!!
玉子もカチンカチンに固まり大成功!麺もツルシコに茹であがり美味し!!
法律43条但し書きか?敷延か?の画像2
国分寺市西恋ヶ窪2-6-5
味噌中華そば ムタヒロ