【法律】長期優良住宅ってどうよ?

query_builder 2021/03/19
法律の話題
SnapCrab_NoName_2021-3-19_20-55-3_No-00

まぁ、昔に比べると建物の性能は格段に上がって来てるよね。
住宅性能表示や長期優良住宅認定。


で、この長期優良住宅ってどうなの?って話し。
確かに"お墨付き"が付くし、安心。


更に各種税制の優遇を受けられるから、ここばっかり気にするお客さまもいるのは確か。


ネットで調べても税制のメリットを唄う記事ばっかりで実際が見えてこないよね。


具体的にどの程度、この税制優遇が有利なのか!?
一般の新築と長期優良住宅との差をここで検証して行こう。


まず一番、額が大きそうな所!
住宅ローン控除の上限額40万円が50万円に!
おおお!年間10万多くて13年間続くなら"130万もお得"だよ!・・・と思ったそこのあなた!


例として給与所得者で夫婦、扶養の子供二人だと所得税50万になるのは年収が概ね850万程度。


そもそも所得税が40万以下の人にはこの恩恵は無しということなんだ。


目一杯"130万のお得"を受けるには13年間毎年の住宅ローン残高が5000万を超えてないと受けられないので、年利1.1%の固定金利と仮定して7400万を借りると13年後(156回)に約5000万の残。


当初5000万の借り入れとすると、約8年で4000万の残に到達だ。


その他にも登記料が安くなるんだ!。
所有権保存登記の税率0.15%が0.1%に!!おおお!0.05%お得だぞ!と思ったあなた!


新築は評価額が出てないから認定基準から木造は㎡95,000円。(東京法務局管内)
100㎡だと評価額950万に税率を掛ける感じ。


その差0.05%とは、、、、4750円。(ラーメン5杯は行けそうだ。トッピングは最小限に留めよう!)


固定資産税の優遇は新築から3年が5年に延長!
2年も延びるぞ!
さっきの評価950万をそのまま使って、1.4%÷2(元からある優遇)=66,500円。これが2年分で133,000円!


ただね、建物は減価していくもの。
経年減点補正率基準ってのを見ると4年目の建物は68%に減価されるんだ。
ということは950万×68%=646万。
646万×1.4%÷2で45220円。この2年分と考えると約9万お得だね。


不動産取得税の建物控除が1200万→1300万。
こうなったら建物評価が1200万を超えて欲しいぞ!(笑)


見て来た通り、この税制の優遇をタンマリ受けられる方はかなり少ない感じを受けるよね。
勿論、無いよりはあった方が安心と思うけど、その分コストは売価に確実に転嫁されてる事をキモに命じておこう。


昼メシは府中市西府町のくら寿司!
こちら特製鶏だしらーめんは429万円なり!

1

NEW

  • 【法律】都市施設近くの物件

    query_builder 2021/05/10
  • 【雑記】注文建築とウッドショック!住宅ローン控除は?

    query_builder 2021/05/09
  • 【雑記】住宅ローン物件を賃貸へ

    query_builder 2021/05/06
  • 【雑記】一条工務店の耐水害住宅

    query_builder 2021/05/05
  • 【雑記】空気の研究

    query_builder 2021/05/02

CATEGORY

ARCHIVE