不動産調査の研修会!

今日は大雪の中、全日協会の研修会へ行ってきました。
法律でわれわれ不動産業者に義務づけられた講習会でね。法定研修会という位置づけです。
受けないと痛い目に合わされます。(^^;)

2部からの参加でしたが前回もやった不動産調査の実務編。
自分は若かりし頃、調査専門の部署にいたので契約物件、契約予定物件、受託する物件なんか含めて多いときは月30~50件の不動産調査をしてたんだけど、それでもこの研修はタメになります。

1423132054109

謄本の取り方。(大笑)
まぁ、初歩の初歩なんだけど、一戸建ての建物謄本を請求する場合、たとえ家屋番号、所有者が分かってても、ここに敢えて「地番上の建物全て」と記載するそう。
なるほど!。分かる人には分かる内容だよね。

中古マンション。
敷地権になって久しいですが、あえてここも「土地登記簿もお願いします!」と書くそう。なるほどね。
法務局の方から親切心で”ここは敷地権ですよ~”と言われても取るものは取る!!

あと共担目録のチェック。
これは一番最初に付いた上司から教わってました。
担保が付いて無いと意味無いし、銀行が見逃すことはあるんだけど、とりあえず必須。

分筆する場合の残地法。
これも家屋調査士が法務局に申請してやむを得ない場合は、まだ通用するんだね。。。今日はかなり賢くなりました。

なんてノンキにブログ書いてたら一般媒介で受けてる大家さんから電話。
決まりましたって。。。やられた。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>