電話での物件確認は不要(ほぼ!)

先日ご紹介したレインズの物件データ照合ソフト。
ソフト開発元の社長とお話しして弊社と提携!今後販売していくこととなりました。いちお、わたくしプロデュース。興味のある業者さんはメールないしFBのメッセ、電話でも下さいね。

(042-352-6777、takano@urban-life.co.jp)

ただいまプロトタイプにて、毎日、根幹のシステムを実データで検証を続けてます。

ホームページに物件を掲載してお客さんを募ってると、(ポータルサイトでも同じだけどね。)新規物件や価格変更に神経使うのは勿論、成約物件も早めに削除したいんだよね。

5物件問い合わせもらって1物件が既に申込み(2割程度)なら、まだカッコが付くけど、これが2つ、3つとがもし終わってたら、結構言い訳しずらくて。気が弱いからね。(^^;)

お客さんも「なーんだ」って気落ちするし。


レインズには昔から成約登録というのがあって成約したら本来そこへ登録するべきなんだけど、これが意外と守られてないのが実情でね。
だから、このシステムではレインズの成約登録は一切参照せずに成約物件を把握していくことにしてます。

実際このロジックで動かしてみるとね。。。自分で言うのもなんだけど、素晴らしい!!(笑)
毎週300とか500物件を電話確認してる業者さんもいるようなので、ぜひ使っていただれれば!その労力、間違い無く他に使えます。

週一回で同業者への電話確認と、このソフトの比較なら精度としては、ほぼ変わらないんじゃないかと踏んでます。
とにかく他社物なんで100%の精度は電話確認でも達成出来なくてね。
確認が終わったその時から、成約が始まってるから。それも週一ならなおさら、、、

レインズで1日に落とせるCSVファイルの制約があるけど、弊社では今おおよそ1200物件を毎日照合させてます。
おおよそ毎日1%が成約になって1%が新規に追加されてる感じ。
1週間もほっておいたら1割近くが終わって新規に1割追加されるんだよね。
今まではこれを目だけで判断してかと思うと、、、なんとバカなことを続けていたのか。。。時を返せ!!

賃下げの対応も早いよ。
三田社長には内緒だけどね、三田社長が先日、ご案内した物件。。。本日7000円ほど賃下げしてきました。まだ本人には教えてません。いつ、気づくか?(^^;)
こんなのも瞬時に分かるので、ほんとこれからは楽になりそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>